絞り染め「京絞り寺田」

京絞り -際と余白の妙技-

彩の鬼「葵によせて」 閑臥庵にて 愛でる節分

2015. 2. 6

平成27年1月31日~1日
場所 黄檗禅宗 瑞芝山 閑臥庵

夜明けの晩に出やる鬼の、詠う襲ねては彩、淡し青
反しては藤、恋しきに 鬼の通い路 逢う日まで
夢まぼろしは我に在り

詠読 木咲美奈子

佐竹司吉氏と、「綾小路妙庵」で15年前より互いの想いのままに、と始まった二人展。
なるがままに愛娘 佐竹美都子に引き継がれ、
彼女が立ち上げたブランド名は古蝶が未来を舞う「かはひらこ」。

閑臥庵では、「名残りの鬼」、「宵の鬼」、今年は「彩の鬼」と三年目。
今年は第42回賀茂別雷神社式年遷宮を奉祝し、「葵によせて」が一年間の私のテーマです。

0201

 

閑臥庵にて愛でる節分 「葵によせて」展終了。
日本国 日の丸背負う「かはひらこ」 も快調。
極寒の中、ご来展頂いた皆様、ありがとう御座いました。御礼申し上げます。

 

10978527_644995328945690_5719857639332409917_n

 

001

 

02

 

03