絞り染め「京絞り寺田」

京絞り -際と余白の妙技-

京鹿子絞訪問着 「 山波重ねに日輪」

2017. 1. 10

家庭画報二月号 別冊2017年決定版

15895431_1046617705450115_5944868281650972756_o

『2017年開運・招福術』の表紙に、濃紫 総絞訪問着を登載頂いた。15844163_1046617365450149_4695275781242850089_o
編集者相澤慶子氏&椿大神宮宮司山本氏の導かれるまま制作。15896179_1047943668650852_4046738783992136058_o

雲にかかる山々の波頭を本疋田手絞・50立&45立四巻鹿子絞・横引鹿子絞・一目絞・と鹿子絞だけで遠近感を現し、これぞ手技の限界と云う繊細な小帽子絞を山波の間に間に配した。

吉祥を呼ぶ太陽(天照大神)は本金箔を置き、その上に金箔糸で縫いを施した。

15936651_1046617902116762_7013790140792654583_oこの絵の様子は宮司曰く「成功への努力を絶えずする一年」と云う事だそうです。了解です。