京絞り -際と余白の妙技-
絞り染め「京絞り寺田」

絞り染めの新しい技法 京都の絞り染め職人寺田豊が誰もしたことのない絞り染めの技術と絞り染めの技法でオリジナルの絞り染め着物を制作します。

天然の素材と手仕事という、どちらも有限なものから
無限の「絞り」の世界が生まれ出ずる不可思議。
この世に一つのオートクチュールの
華麗な装いの世界を、ご覧ください。

2019年3月13日(水)~19日(火)
ー色を解くー 江戸の紫・京の紫 きものと帯展

江戸の紫・京の紫 きものと帯展

会期:2019年3月13日(水)~19日(火)
会場:丸善・日本橋店3Fギャラリー
9:30~20:30※最終日は17:00閉場

●会期中の催し
列品開設& トークショー
「傾城紫・小太夫鹿の子と紫根染め」

会期 2019年3月17日(日) 15:00〜16:00

ゲスト:
高橋孝之(江戸古法友禅)
服部秀治(爪搔本綴)
寺田豊(京絞り)

衣物の江戸鹿の子は「傾城小紫」、帯の江戸鹿の子は二代伊藤小太夫が衣装として纏い、江戸初期に空前の大流行となった「紫」。 現代において植物染料と化学染料共に使用し、江戸から現代に至るまでの「紫」を検証いたします。

●詳細はFacebookをご覧ください ●ご案内状はこちらをご覧ください ◎Googleマップはこちら